ヨーグルトで美肌に!

ヨーグルトといえば、健康的な食べ物として知られています。

食べるメリットとしてよくいわれているのは…
腸内環境を整えること。

しかし実は、それだけではありません。ヨーグルトは、美肌作りに最適なんだそうです。

肌荒れや乾燥肌、たるみやくすみなどの肌トラブルは、紫外線などの外的な環境変化が原因で起こるもの、腸内環境の悪化が原因で引き起こされるものがあります。外的要因で起こる肌トラブルの予防は、徹底的なスキンケアが大切。一方、内的要因で引き起こされる肌トラブルは、必要な栄養素を摂取して改善していくことが大切です。

そこで、手軽に手に入り、健康にも評判のよいヨーグルトの出番です。ヨーグルトは、美肌効果の高い成分がたくさん含まれています。ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌には、腸内菌のバランスを正常にし、整腸作用をもたらす効果が期待されています。腸内の環境を整えることで、内臓からくる肌のトラブルを未然に予防・改善することができるのです。

また、ビタミン、ミネラル、カルシウム、アミノ酸などが豊富に含まれています。

りんごやバナナ、キウイフルーツなど食物繊維が豊富な果物と一緒に摂ると整腸作用を高めるのだとか。ドライフルーツを一晩ヨーグルトに浸して食べると、いつもとは違うドライフルーツの食感も楽しめます。

忙しい毎日、栄養バランスを保つために、果物や野菜と一緒にヨーグルトやはちみつを少量入れてミキサーにかければ整腸効果も高まり、栄養満点のドリンクになります。

ところで、ヨーグルトといえば、水が出てくることがあります。これは、「乳清(ホエー)」という成分で、たんぱく質やビタミン、ミネラルなど、体に必要な栄養が多く含まれています。ですから、上澄みも捨てずにそのまま食べるようにしましょう。

ナノ化乳酸菌サプリ【NK-1】の通販ナビはこちらから!

おいしい氷の作り方

暑い季節は、氷が欠かせません。

水や麦茶、ジュースなどに入れて飲むと美味しいものです。現代社会では、冷蔵庫が普及しているため、自宅で氷を手軽に作れます。しかし、おいしい氷を作れているか…と言ったら疑問が残ります。

そこで、氷のおいしい作り方を紹介します。

氷は水が冷えて固まったものですが、作り方によって味や色が全く異なります。家庭の冷凍庫で作った氷は「まずい」「遅い」「溶けやすい」と悪い三拍子が揃っています。しかし、ちょっとした工夫をするだけで家庭でもおいしい氷を作ることができます。

氷屋さんの氷は透明に透き通っていて、とてもおいしいですね。では、どうやって作っているか知っていますか?

答えは、「塩水で水を冷やして氷を作る」です。

氷屋さんでは、マイナス9度のとても濃い塩水で、容器に入れた水を冷やして氷を作っています。また、50時間かけてゆっくりと均等に冷やしています。

しかし、家庭の冷凍庫の温度はマイナス20度となっているようです。これでは急激に冷えてしまうので水の分子が安定せず、ミネラルなどの不純物・空気・塩素ガスも混ざるため、不味くて白っぽい氷ができてしまうのです。

つまり、おいしい氷はゆっくり凍らせることが大切。

おいしい氷の作り方は…
1.製氷皿に水をいれ、ポリ袋に入れます。
2.1をタオルで包んで冷凍庫へ入れます。

こうすると通常よりも、1時間多くかかりますが、透明でおいしい氷を作ることができます。さらに、ゆっくりと凍らせたものは、溶けにくく長持ちします。

花火大会に持って行きたいもの

夏の楽しみのひとつに花火大会があります。

花火大会は日本の夏の風物詩なのではないでしょうか?

ところで、花火大会に今年行こうと考えているなら、きちんと準備した方がいいでしょう。

持って行きたいものとは…

地図
地図に、花火の上がるポイントや見やすそうなポイントの印付けておくといいでしょう。最寄の駅からどれくらいの距離で、何時位に到着すれば良いかの目安にもなります。

大きな花火大会では、すでに人がいっぱいで会場には入れないということも考えられます。なかには、入場規制がひかれ、肝心の会場には入れないなんてことも。

絆創膏
浴衣で下駄を履いていると、その慣れない履き心地に怪我をしてしまうことがあります。

タオル
夏は汗をかきます。タオルがあれば首にかけておくと荷物にもならず、すぐ汗を拭くことができます。

ポケットティッシュ
花火大会では、屋台がたくさん出ていることでしょう。途中でかき氷なんかを食べたりしたら手がベタつくかもしれません。そんな時にあると重宝します。

レジャーシート
スペースが無い花火大会もありますが、一応持って行く方が良いかもしれません。座って観ることができたら、女性は特に浴衣を汚したくないと思います。

虫よけ
現地に到着したら、虫除けスプレーを使って、もし刺されてしまったらムヒがあると助かります。

夏の睡眠不足を解消するコツ

夏は寝苦しく、どうしても寝不足になりがち。十分な睡眠時間を確保していても、睡眠の質が低いと、朝起きても眠かったり、疲れが取れなかったりします。

そんな時は、ちょっとしたコツを知るだけでも随分違います。

エアコンの設定温度は、最も眠りやすい26度がお勧め
一晩中エアコンをつけて眠っていた人は、タイマーを使ってエアコンを働かせる時間を短くしよう、と思っている方もいることでしょう。その場合は、眠ってから3時間ほどと、目覚める前の1時間くらいにエアコンがつくように設定することをお勧めします。

睡眠の前半はノンレム睡眠という主に脳の睡眠が多く現れます。寝ついてからの3時間ほどには、深いノンレム睡眠が集中していて、脳の休息に大切な時間となっています。ノンレム睡眠中は、脳が休んでいるため体温調節がうまくできません。ですから、室温をちょうど良い温度に調整しておいて、体温が下がりやすい状態にしておく必要があります。

目覚める前の時間は、夢を見て体を休息させるレム睡眠が多くなります。レム睡眠では脳の働きが活発になっているので、自分の力で体温調整をしやすくなります。また、体温のリズムから見ても、早朝には少しずつ体温が上がってきたほうが、目覚めやすくなります。

エアコンの風が苦手な方は、水循環マットを使うのも手です。水循環マットとは、マット内に水を循環させて、涼しく過ごすためのグッツです。

扇風機の首ふり機能を必ず使う
エアコンに比べて扇風機の消費電力は、20分の1程度の少なさ。同じ室温でも秒速1メートルの風が吹くと、体感温度が1度も下がります。ですから夏は節電のために、扇風機を上手に使うことが求められています。

熱帯夜に寝苦しいのは、体温が十分に下がらないことが原因のひとつです。暑い夜には、体温を下げようとして汗をかきます。汗が蒸発するときに、体の表面から気化熱が奪われて、体温が下がるからです。扇風機の風は、汗の蒸発を助けて体温を下げ、よい眠りに導いてくれます。

ほとんどの扇風機には首振り機能が備わっていますから、きちんと使いましょう。首振りせずに扇風機を使うと、体の1か所だけに風が当たり、冷え過ぎてしまします。筋肉が冷え過ぎると、足をつったり、ケイレンが起こったり、目覚めた後にだるさや倦怠感を感じたりします。

夜は水分を500ミリリットル以上とる
眠る前には冬でも200mL、夏には500mL以上の水分を摂っておきましょう。夜中にトイレへ行きたくない、睡眠中にあまり汗をかきたくないと思って、水分を控える人がいますが、それはとても危険なことです。

2010年の熱中症による死亡者数は、厚生労働省の発表によると全国で1,707人に上りました。熱中症の症状が出るのは主に暑い日中ですが、その準備段階は睡眠中に始まっています。

熱中症は、高温多湿の環境で多量の汗をかき、体内の水分や塩分が失われることで起こります。汗を自覚しない状態でも、一晩でコップ1杯ほどの汗が出ています。これが熱帯夜になと、一晩で500~1,000ミリリットルも汗をかくことも珍しくありません。また、早朝には血液が濃くなっているので、心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まってしまいます。

熱中症の予防には、水分と塩分の補給がもっとも大切。さらに、汗をかく前に失われると予測される水分と塩分の一部を、あらかじめ補給しておくことです。睡眠中にこまめに起きて水分補給することは現実的でないので、500ミリリットルくらいの水分を余分に飲んでおくと良いでしょう。

夏にも活躍する生姜

夏といえば、暑い季節ですから、冷えとは無縁と思いがちです。しかし、実は夏こそ冷え対策をした方がいいのです。

なぜなら、電車やオフィスなどに冷房が入る季節です。自宅でも厚さに耐えかねてエアコンをガンガンきかせることでしょう。

冷房対策はどのようにされていますか?夏でも冷え症に悩まされている方は多いと思います。

そこで、身体を温める食材としてお馴染みの「生姜」と「夏の冷え症」について紹介します。

外気と室内温度に差がありすぎると、自律神経が乱れ血流が悪くなります。さらに、血管の収縮を促すプロスタグランジンというホルモンのバランスも崩れます。そして血行不良となり、冷えの原因となります。

それだけでなく、湿度が高いため、身体がむくみやすい状態です。身体に余分な水分があると、冷えやすくなります。また、ついつい冷たいものを沢山飲んでしまいませんか?冷たいものの飲み過ぎで「むくみ」の原因となり、夏でも冷えやすい身体になってしまうのです。

そこでおススメしたいのが生姜です。寒い季節の冷え取りにはお馴染みの食材ですが、夏の冷え症にも効果大!近頃は、発酵ブラックジンジャーなる商品も出てきています。

生姜に含まれる辛味成分ジンゲロールには、血管を拡張させる作用があります。また、加熱・乾燥によってショウガオールという成分に変化します。ショウガオールには、ジンゲロールより強い血管拡張作用があるそうです!

ショウガオールだけでなく、ジンゲロンという成分も存在します。ジンゲロンは、体脂肪を燃焼させて体温を上げ、発汗を促す作用があるのだそうです。

冷え性の改善に生姜を食べるのであれば、「乾姜」がオススメです。冷え乾姜は、薄くスライスした生姜を乾燥させるだけなので、自宅でも簡単に作れます。市販のジンジャーパウダーも便利です。

ドメインについて

最近は、ずいぶん日本語ドメインを使っているサイトが増えているようです。

中には、無料ブログの中にも日本語ドメインのブログがあります。これは、ブログサービスによっては対応していないようです。

対応しているサービスを挙げると、Seesaaブログがあります。

実際に、申し込む場合は、まず、日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換で取りたい日本語ドメイン名を入力すると、ピュニコードに変換してくれます。

好奇心の場合は、「xn--mtstet4r」のように変換されます。ここをコピーして。

新規サイト作成の所に「xn--mtstet4r」を貼り付けます。これで「ホスト名チェック」をして登録可能なら完了です。

(注意)文字数(3~20文字以内)の制限があるため20文字以上の英語の羅列は登録できません。